海辺のリゾートのようなくつろげる部屋

岡山市 2020.12

一人暮らしの女性のための
リラックスできる空間

築30年の街中のマンション。中古マンションを一緒に見て廻り、ここなら、という場所を決めてスタートしました。

沖縄の海が好き、スキューバダイビングが好き、植物を育てたい、趣味の書を飾りたい。お客様との会話の中でイメージを膨らませ、できるだけ家でくつろげるように、とLDKを開放的に、寝室を南に配置し、大きなウォークインクローゼットを設け、北側にはゲストルームを。間取りを変えてゆとりのある空間に一新しました。インテリアカラーはトーンの違うブルーを重ねていきました。

リビングはオークのフローリング、室内窓や木製のオーダードア、ルーバー扉などでリゾート感を出しながらも木の温もりの感じられる空間に。寝室はペールトーンのブルーの壁紙に白い廻り縁、質感のよいファブリックでしつらえ、上品な落ち着きのある印象に整えました。

ゲストルームはベージュの壁紙でホテルライクに。浴室も広くとり、洗面化粧台はオーダーで作りました。ブルーのガラスモザイクがアクセントです。リビングの窓の先には遠くの海や山を眺めることができます。

「仕事が大変な時期でしたが家づくりが楽しくて頑張ることができました。」とお話してくださったお客様。年代も近く女性同士暮らしにまつわるさまざまなことに共感することも多く、私も一緒に楽しみながら家づくりをさせていただきました。

新しく生まれ変わった部屋で両親や友人を招いて楽しい時間を過ごしたり、休日には丁寧にコーヒーを入れてゆっくりと寛ぐ、そんな幸せを感じる時間をこれからたくさん過ごしていただけたら嬉しく思います。