モノトーンを基調としたホテルライクな住まい

岡山市 2022.3

築40年のヴィンテージマンションのフルリノベーションです。

一戸建てから街中のマンションの高層階で新しい暮らしを始めるご夫婦とお母様の3人家族の住まい。

理想はモノトーンを基調としたモダンで洗練されたインテリア。ニューヨークのマンハッタンスタイルをコンセプトにイメージを膨らませていきました。

マンションで間取りに制約がある中、壁付けだったキッチンはオーダーでコの字型にすることでご希望の対面キッチンを実現しました。継ぎ目のないステンレス一枚もののこだわりのキッチンです。ユニットバスもひと回り大きいサイズに変え、ゆったりとくつろげるように。

限られたスペースの中でもシューズクロークやウォークインクローゼット、パントリーも新たに設けました。天井までの壁面収納で空間を最大限に利用しています。

寝室はあえて南へ配置。大きなガラスの格子戸でリビングと繋がっていることで、空間に広がりが感じられます。ロールスクリーンを下せばシアタールームになり、ベッドでくつろぎながら映画を楽しむことができるホテルライクな部屋です。

床は大理石調のフローリング。新しく作ったドアやキッチンの扉は框(かまち)組のデザインに。幾何学模様の玄関タイルやクアトロフォイル柄のレースカーテンなどモダンとクラシックのバランスを考えました。

インテリアからリノベーションの計画をし、家具・ファブリック・グリーンまでお任せいただき、お客様と楽しみながら一つひとつ丁寧に選んでいきました。

すっかり生まれ変わった住まいで街中マンションライフを満喫しているご様子。リノベーションで美しさと心地よさをいつも感じられる暮らしが始まりました。